ドリームクラブの専コンを作る

皆さんこんにちは。部長の水鳥です。
あの神ゲードリームクラブの新作発売も目前となり興奮の渦中である昨今ですが、
そのドリクラの専用コントローラを制作し没入感をアップさせもう現実に帰りたくないよねというのが今回の研究テーマです。
UTMC はプログラミング、DTM、CG、シミュレーション、ドリームクラブまで幅広く活動しています。
正直既にタイトルでオチているんですが張り切って行きましょう。

今回は PS3版 ドリームクラブ Complete Edipyon! / ドリームクラブZERO Special Edipyon! を対象にしてみます。
先日体験会行った感じでは新作も操作ほぼ同じだったのでそちらもきっと対応する事でしょう。
【注意】

  • よいこは真似する時は自己責任で。
  • かなり素人です。

【目標】
コップ型コントローラを作る。傾けたらゲーム中でも飲み物を飲む。以上。
【材料】

  • PS1 デュアルショック 500円

実はUSBコンバータ噛ませれば普通にPS3でも使えるんですよね。

  • ハットスイッチx適当個 100円くらい
  • 導線 500円
  • 基板x2 120円
  • 5kΩ抵抗x100 100円

抵抗100個も要らないんですが。

  • 上京するときに恩師から貰った備前焼のコップ priceless

マッドサイエンティストなので使います。
【やってみよう】

まずは専コンのボタン部分を製作。ハットスイッチを4つ基板にぶっ刺す。
これを上から△、◯、×、□ボタンに相当させます。紫色売ってなかった。

半田付けとか正直何年振りって感じだった。
そして同じ物を R1、L1、START、SELECT ボタンについても作っておきます。

続いて PS コントローラの黄ばんだガワを外します。

そして重要アイテムであるアナログスティックパーツを取り出します。割とガチガチ半田で止めてあるので苦労。二つあるし。
これは x 軸 y 軸を表す可変抵抗器二つと R3/L3 ボタンを表すハットスイッチの組み合わせで出来ています。

可変抵抗器を一個もぎ取る。これは後で使います。

今回は右スティックの y 軸以外の機能は使わない事にするので後処理。
アナログスティックパーツをもぎ取った後は通電しなくなっているので適当に導線を通したりしておきます。
可変抵抗器はスティックの位置がニュートラルの時 5kΩ だったので 5kΩ 抵抗をそれっぽく繋いでおきます。

今度は可変抵抗器に戻ってこれに導線を繋いでおきます。よく知りませんが半田ってこんな繋げ方するものでしたっけ。
これが地面からの傾きに合わせて回転するようにすれば右スティックの y 軸(ゲーム中での飲み物飲む操作)をコップの傾きと連動させることが出来ます。
ということでこれにおもりをぶら下げましょう……と思ったのですがもぎ取ろうと思っていたコントローラのバイブレータのおもりが案外固くて挫折。
代用品が本当に無かったのでその辺に転がってた六角レンチをぶら下げておきました。

こんな筈ではなかったのだが。(邪魔)
後は各パーツを気合でコントローラ基板に配線し、
その辺に転がっていた包装紙で作ったコップケースにパーツを張り付けていきます。
(どんどん材料が雑になっていく)
そしてこれが完成したピュアグラス1号だ!!

圧倒的サイバー感。ピュア配線。

持つとこんな感じ。
手前の黒いボタンが L1、R1、START、SELECT 等です。ドリクラに使用しない R2、L2 は無慈悲に消滅。
裏側の指先に△◯×□ボタン部分が来てます。
ついでに底に上下左右キーに相当する4つのハットスイッチが取り付けられており、グラスを持って机に上下左右グリグリ押し当てるとカーソルが動かせます。

飲み物も入れられる!!すごい!!重量がヤバイ!!
【入店】
準備も整ったので早速ドリームクラブへ入店しましょう。

私は20歳以上ですが大人の事情に配慮してコーラにしています。

もちろん玲香さんだよな。
(カーソルが暴れるのでここまで来るのに苦労しています。)

カンパーイ。(重い)

飲める!飲めるぞ!!ドリームクラブは現実だった!!
【小学生並みの感想】
思ったより楽しかった。
【問題点】

  • 静置してたら自壊した。
  • カーソル操作が難しい。
  • ミニゲームの操作に非対応。
  • 普段のUMTCの活動と関係がない。
  • PS4まだ買ってない。

【まとめ】
やっぱり玲香さんが一番かわいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です