mp3プレイヤーつくってみた

どうもこんにちは、12年度入学のaporoと申します。
過去記事にもあるように春休みを迎えようとしていた2月頭、部会にて各自自由にテーマを決めてブログにその成果を発表せよとの指令がありました。
私にはとくに温めていたネタがあったわけでもないので、ネタを求めて部室を物色。五月祭、駒場祭等々で頒布した部誌やら、名前のわからないフィギュアに混じってさまざまな本がおいてあります。
そのなかにファービーハッキングなる記事を発見。とても興味を引くものの、時間が足りなさそうなのでこれは断念。ぜひこれはいつか誰かに挑戦してもらいたい。さらに部室を物色していると、日経ソフトウェア2012年5月号を発見。その中に原田英生さんが書かれた、VBとC#で作る”ちょっといい”ソフトなる記事を発見。5月号でのテーマは”音楽をもっと楽しもう!音楽ソフトWavPlayer”とのこと。VBに触れる良い機会だと思ったのと、2月にさいたまスーパーアリーナへライブに参加してきた私はそのときのセットリストを作ろうとしていたこともあり、その音楽プレイヤーの作成を今回のネタにすることを決断。
早速記事を読みながら音楽プレイヤーの作成を進めていきます。本来ならwav,mp3,wma等の複数の拡張子を検索対象にできるはずが、うまくいかなかったために検索対象をmp3のみに変更、3秒±のボタンを1曲進める、先頭に戻すに変更などの細かい変更を加えつつ何とか春休み中に無事完成。

mp3ファイルのある場所を直接指定して再生、停止、次の曲へ、先頭から再生するだけのプレイヤーです。検索対象を変えることで任意の拡張子をもつファイルを検索するソフトとして使うこともできたりします。私が普段使っているitunesなどと比べると機能が少なかったり、ワンクリックで再生可能なのが魅力的。プレイリストの作成が完全手動なのがわりと面倒。
作った感想としては、ライブのセットリストを再生する目的は十分に果たしてくれます。ただしプレイリストの作成が面倒。でも直接的にプレイリストが作れるのは魅力的。
部室にはOBの方々が残していったのかファービーハッキング以外にも面白そうな本があったので、適当に選んで次回に備えてネタを温めておきたいと思います。
 
書いてみてから気づきましたが、これ自由研究よりも自由工作のほうがしっくりきますね。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です